格安スマホは、得なんでしょうか。

8月24日に長年お世話になった au にナンバー持ち出し解約の申し込みをして、格安スマホに、乗り換えることにしました。

新機種はASUSのzenfone2 laser white です。android5.0。写真
d0336451_14104790.jpg



ちょうど昨日26日の午後からこれまで使ってきたiphone6が停止して使えなくなり、新機種はこれから送られてくることになっています。

これまでは、iphone3G iphone4s iphone6 と使ってきました。
d0336451_14150062.jpg
iphoneはデザインも性能も素晴らしくiphone6では、かなり完成され、正直満足していました。
au についても速度も速く、安定していてどこでもつながるのでやはり満足していました。

ただ、最近特に高いと感じてきました。

2GBプランでTELかけ放題、インターネットし放題で、私の場合
月額 8000円かかっています。
昨年10月に機種変更して、1年弱ですが、最初はiphone4sの下取りや割引の効果で5000円くらいの時もありましたが、今は何もしなくても8000円かかります。
夫婦でiphoneなので、16000円が合計月額です。他の人に聞くともっとかかっている人もいるようです。

私がいろいろ調べて契約した、nifmoという格安スマホではスマホ代金を入れて 2697円です。電話もSMSも付いています。一番ひかれたのは、ASUSのZenFone2 Laser が1万円キャッシュバックだったからです。機種はASUSがいいなと思っていたのでdocomo系のnifmoを選びました。

http://nifmo.nifty.com/promo/af/smp/?utm_source=accesstrade&utm_medium=affiliate&utm_content=all_tanmatsu_set_all&utm_campaign=affiliate_AF_6002_PC&re_adpcnt=80r_8LXU

格安スマホは2014年からイオンが出して今では170万人のユーザーがいると聞いています。

格安スマホの歴史については次を参照してください。
http://www.jtua.or.jp/ict/column/solution/201410ictsolution1.html

さてこのブログでは実際に格安スマホにしてみてどうなのかを書いていきたいと思います。

あと、値段が安ければ質も落ちるだろうと思い、いままで、私は格安スマホに見向きもしなかったのです。
ふと、調べてみると実際は通信速度もあまり遅くなく、スマホの品質もいいことに気がつきました。

なぜ安いのかというと、料金体系にあります。
通話もメールもインターネット閲覧も データをやり取りしているので、 そのデータ使用料に応じて料金がかかるようになっています。
データの使用料はどの会社も
1GB 3GB 5GB 10GB のようにプランが分かれ、月の使用料によって契約料金が変わります。

おおよその目安としてmineo(MVNO)が出している資料によると

d0336451_14533292.png
d0336451_14540802.png
つまり使ったデータ量にあわせて、料金が決まるのです。
ですから、かけ放題を選択していれば、たくさん電話をする人はいわゆる大手のau、SB、docomoの方が安くなるかもしれません。

もうひとつ重要な問題があります。
いわゆるWIFI環境であれば、インターネット閲覧もメールも全く料金がかからないことです。
SMSと電話はかかります。
SMS 3円/1通   電話 20円/30秒

携帯での音声通話やSMSを押さえればさほど料金はかかりません。
私の場合、職場と自宅にいることが多いのでほとんどWIFI環境下で使っています。

携帯ショップに行くと、容量が大きいほうが良い。かけ放題の方がいいといわれます。

はたしてそうなんでしょうか。

職場も自宅もインターネットにつながり、携帯も一台一台インターネット契約をしています。
どう見ても無駄がありそうです。

さらに、重要なことは、生活スタイルの見直しです。

たとえば、電車の中で動画を見るのは避けた方がいいと思います。
メールはまだましです。
昔のように新聞を読んだり、本を読んだりしていてもいいのではないでしょうか。

個人個人によって条件や考え方は違うでしょう。でも一度考えてみてもいいのではないでしょうか。



















[PR]
by pasokon-iroiro | 2015-08-27 15:26 | 格安スマホ