nifmo にした理由

格安スマホの業者のことをMVNOと言っています。
2年くらいのうちに、170万人の人が格安スマホに参加しているそうです。
MVNOの業者はたくさんあり、どれがいいのかはわかりません。

大きく分けると
docomo系
au系

があります。私はiphone6をauで昨年10月に機種変更で入手しました。
最初はau系でお願いしたいと思っていたのですが、
結局、ドコモ系のnifmoにしました。

私は、特定の業者の応援をするつもりはありませんが
nifmoにした理由は
1.料金
2.速度
3.Asus zenfone2

安い、速い、うまい!
牛丼の宣伝文句ですが、
安い、速い で選びました。

料金については、格安スマホなので、安いです。安くなかったら格安とは言わないでしょう。
以下に一例としてnifmoのページをリンクしますので御覧ください。

nifmo トップページ

最初は、au系(今はdocomoも扱っています。)のmineo(マイネオ)にしたいと思ったのですが、
私の持っているauのiphone6がios8.4なので対応できないことがわかり、iphone6のau を持っている私は
iphone6をあきらめました。

この時点で、au系 でも docomo系 でも、どちらでもよくなりました。

softbank系のMVNO業者は残念ながらありません。回線の技術的な問題や周波数帯によるものらしいです。
ただ、sofbankもMVNOに参入するという記事がありましたのでいかにリンクしておきます。

http://simchange.jp/softbank-mvno/

2.速度です。

格安はいいけれど、これまでと同じように速度は出るのでしょうか。
インターネットを閲覧するときに、遅いとやはり困ります。
安くても利便性が変わらなければ、

格安スマホの意味があります。

そこで、MVNO各業者の速度ランキング
を見てみました。
MVNO 速度比較 7月2015年

nifmoについては速度ランキングでは常に上位にランキングされ、安定していると書いてあります。
実際に使っている人も問題なく使えているとのことでした

d0336451_14284474.png

NiftyがつくったMVNOという点も考慮しました。
niftyは東証2部上場の老舗です。

だから、楽天モバイルやDMMなどが駄目というわけではありません。
とりあえず、nifmoは悪くないという印象です。

後は好みの問題でしょう。

3.機種の問題

結局最も大きな要因になったのは、正直言って機種の問題でした。

私のASUS(エイスース)好きが原因です。
格安スマホの業者が扱うのは、
日本のメーカーも含めた高いものから海外の安いものまでさまざま扱われています。
simフリーであればどんな機種もokということになります。
今話題になっているのはファーウエイ(中国)の
P8lite
d0336451_14564650.jpg

ASUS(台湾)
Zenfone2 laser
d0336451_14104790.jpg

というところです。30000円くらいの機種です。
mineoのセット販売の機種では上記のものはありませんでした。

nimfoが8月20日からキャッシュバック10000円をつけてキャンペーンを開始していました。
毎月200円のオフもあります。

ASUSについてはwindows系のパソコンを
買ったことがあり、コストパフォーマンスの良い会社です。
もともとは、パソコンの部品メーカーとして一流の会社でしたがタブレットやノートパソコン携帯電話などに参入しています。

ただ、クレームの時の対応がずさんだということがよく言われています。
また、初期不良が多いのもよく言われています。

マイクロUSBの差し込み口もずれていたり作業品質が雑だと思われます。
ただ、いろんな問題はあっても、値段に対して性能がいいので、すきなメーカーです。

appleが好きなのは今では当たり前ですが、エイスースというと知らない人も多いのです。
面白いのは、ASUSでは社名をどう呼ぶかは決めていないそうで、エイスース または アスースでもよいそうです。
これも気に入った理由かもしれません。

そういう携帯を持つのもちょっといい気分かなと思います。
以下にASUSのHPをリンクを貼っておきます。
ASUS ホームページ

結局、どれがいいかはその時の好みの問題かもしれません。
次回は、どういう人が格安スマホに向いているか考えてみます。

























[PR]
by pasokon-iroiro | 2015-08-31 15:22 | 格安スマホ